ホームダイビングQ&A > 水面移動を楽に行う方法は?
ダイビングQ&A
 
<Q>:水面移動を楽に行う方法は?
<A>:

「水面移動はしんどいからイヤ」という方は、たくさんいます。
確かに必死になってフィンをこいでも、水中ほど楽には進めませんね。
下の図を見るとその理由が分かります。
より推進力の大きいダウンキックについて見てみると、水中では推進力の大きいエリアと、推進力の小さい エリアの両方を使ってフィンをこぐことができます。
でも、水面移動では、下半分の推進力の小さいエリアしか使うことができません。これが、水面移動がしんどい 理由です。
そこで、楽に水面移動をするために、ラッコのように仰向けになって水面移動する方法があります。
この姿勢なら、図の上半分の推進力の大きなエリアを使って効率的に水を後ろに押し出すことができるので、 驚くほど楽に水面移動できます。

この方法が楽なのは、他にも理由があります。

  • うつ伏せの水面移動ではタンクが水面上に出るため水の抵抗が大きいですが、仰向けの場合はタンクが 水中にあるので水の抵抗が減少します。
  • 顔面が水面から出るので、呼吸がしやすい

但し、仰向け水面移動では、以下の点に注意してください。

  • 進路となる後方に注意
    時々進行方向をチェックし、安全かどうか、進路がずれていないか、確認してください。
  • あごを引いてフィンを見るような姿勢をとる。
    特にシュノーケルを使用する場合は、空を見上げる姿勢だとシュノーケルの先端が水面下に没してしまいます。 しっかりアゴを引き、シュノーケルの先端が水面上に出るようにしてください。
  • 波が大きい場合は、うつ伏せの姿勢で。
    あまり波が大きいと、シュノーケルの先端が水面下に没したり、顔面に水を被ったりしますので、その場合は うつ伏せの姿勢に切り替える、などの対応をしてください。

 
<画像> 戻る

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介