ホームダイビングQ&A > うねりがある場合は?
ダイビングQ&A
<Q>:うねりがある場合のダイビングのコツしかたは?
<A>:

「うねり」と「流れ」は混同されやすいですが、「うねり」とは、専門的には「風浪が風の吹かない 領域にまで伝わった波、あるいは風が弱まった場合に残された波」のことをいいます。ダイビングの 世界では、この海面上の水の動きが水中にまで伝播して、水が左右にゆすられる状態をいいます。従って、 「うねり」には、一方向に動くと必ず元に戻る動きがあります。
うねりがある場合は、以下のような点に注意して下さい。

エントリー
  1. うねりがある場合は、大抵ボートが上下に揺れます。ですから、 エントリーまでは重心を低くして、倒れないよう注意して下さい。エントリーは、ボートの ヘリが下がり海面との高低差が少なくなった時を見計らって行うと楽です。
    逆に高低差が大きいときにエントリーすると、入水時のショックが大きくなります。
  2. アンカーラインに掴まり潜行を待つ間は、船の舳先に注意して下さい。 舳先が上下に大きく揺れますので、頭にぶつかってしまう恐れがあります。あまり上下に 揺れるときは、舳先の下に入らないような位置で待っている方が安全です。

水中移動
  1. うねりがある場合、水中ではある方向に水が動いても、必ず元の場所に 戻ってきます。ですから、進む方向と逆の方向に身体がもっていかれても、フィンキックで 動きに逆らおうとしてはいけません。体力を消耗してしまいます。
    水の動きに身を任せて待ち、進行方向への戻りの動きになったときにフィンキックで進むと 楽に前進できます。
    もっと楽をしようと思えば、前からのうねりのときに岩に掴まって耐え、戻りのうねりで手を離せば 何もせずにうねりが身体を前へ持っていってくれます。更に、戻りのうねりでフィンキックすれば、 より効果的に前進できます。
  2. 最初のうちは、うねりに身体が翻弄されると焦ってしまいますが、 水の動きに逆らおうとせず、身を任せる術を覚えて下さい。そうすれば「うねり」を楽しむ ことさえできます。

浮上・エキジット
  1. うねりがある場合、最も注意を要するのが浮上とエキジットです。
    まず、浮上中ですが、ロープ浮上の場合水面に近くなるに従ってアンカーロープが上下に大きく 揺さぶられます。ですから、あまり上下動が激しいときはアンカーロープから手を離し、フリー 浮上したほうが安全です。何がなんでもアンカーロープに掴まって水面まで浮上という考えは、 時には危険なことがあります。
  2. エキジットではラダーが大きく上下しています。ラダーが下がり 掴まるのにちょうどいいタイミングを見計らって、すばやく行動することがポイントです。
    その際、ラダーの横からアプローチするのが安全です。後ろから近づくと、持ち上がった ラダーに身体を打ち付ける恐れがあります。アプローチに失敗したら一端ラダーから離れ、 再度タイミングを見計らうことが必要な場合もあります。
  3.  

<画像> 戻る

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介