ホームダイビングQ&A > 流れがある場合は?
ダイビングQ&A
<Q>:流れがある場合のダイビングのコツは?
<A>:

流れがある場合はガイドが事前に注意点を伝えると思いますので、基本的にはその指示に従って下さい。
一般的な注意点としては、以下の通りです。

エントリー
  1. エントリーしたら素早く前に進み、アンカーロープのある所まで頑張ってフィンを こいで下さい。とにかくアンカーロープまでたどり着くことです。
    なお、ボートの横の海面にロープ(カレントラインと言います)を流している場合はそれに掴まり、 手の力でアンカーロープまで進んだほうが楽です。
  2. 潜行は必ずアンカーロープを掴みながら行って下さい。手を離さないことです
    耳抜きも片手でアンカーロープを掴みながら行って下さい。
  3. 初心者の方がアンカーロープなしでフリー潜行するケースはほとんど無いと 思いますが、そういうケースの場合は、エントリー前にBCのエアーを完全に抜いておき (インフレーターの排気バルブを押さえながら、口で空気を吸い出すとエアーが完全に抜けます)、 エントリー後はすばやくヘッドファーストで潜行します。ただ、初心者の方には難しい技術なので、 知識として知っておいて下さい。

水中移動
  1. 流れに逆らって無理にフィンキックで進もうとせず、水底の岩などを掴んで 前進すると、楽に進めます。
    但し、自分が掴もうとしている場所を確認しながら進んでいって下さい。折れやすいものや 滑りやすい場所は避け、しっかりした場所を掴みながら進んで行きます。時には岩と同化した オニカサゴなどの毒のある生物がいたりしますので、注意して下さい。
  2. 砂地を移動する場合は、水中ナイフを砂に突き立てながら進むといいです。
    もし水中ナイフがない場合は、指を砂の中に突っ込んで進みます。
  3. 水底から離れて移動する場合は、なるべくガイドと同じ水深を保って下さい。
    ガイドは、一番流れの影響を受けにくく楽に移動できる水深をキープしながら泳いでいるはずですので、 同じ水深を保った方が楽なはずです。
    特に外洋のポイントなどでは、少し水深が違っただけで流れの強さや方向が全然違うことが ありますので、注意して下さい。

浮上・エキジット
  1. エントリーと同様、必ずアンカーロープを掴み、ゆっくり浮上します。
    もし、アンカーロープがない時は、他のダイバーから離れないよう注意しながら、 かたまって浮上します。もし不安なら、バディなりガイドなりと手をつないで一緒に浮上した 方がいいでしょう。
  2. エキジットでフィンを脱ぐ場合は、片手でラダーを掴みながらフィンを はずします。絶対に手を離しては行けません。フィンがなくてはすぐに流されてしまいます。

<画像> 戻る

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介