ホームダイビングQ&A > 中性浮力のとり方は?
ダイビングQ&A
<Q>:中性浮力のとり方は?
<A>:

ビギナーの方にとって最も難しいスキルが、この中性浮力です。水中でフィンキックなしで、浮きも沈みもしない ほぼ一定の水深を保った状態が、中性浮力です。
中性浮力がとれているかよくわからない方は、水中で一度フィンキックを止めてみてください。それで 沈んでいってしまうようなら、マイナス浮力状態です。
この技術だけは、言葉で説明するのが難しく、やはり経験を重ねて身体で覚えるしかないようです。
そう言ってしまうと、このコーナーで説明することがなくなってしまうのですが、

アドバイスとしては、

  • 適正ウエイトを把握すること
    中性浮力を実現するためには、適正ウエイト状態で潜ることが必須です。 「適正ウェイトの計り方は?」参照
    特にビギナーのうちは、多くの方がオーバーウェイト気味で潜っていることが多く、フィンキックによって 沈みすぎるのをカバーしていることが多いですが、これでは中性浮力状態は実現できません。
    早く自分の適正ウェイトを把握し、その状態で潜ることが必要です。
  • 自分が今、浮きつつあるのか、沈みつつあるのか、常に意識すること
    そもそも中性浮力がとれないのは、自分の今の状態が意識できていないことによるのではないでしょうか。
    最初はうまくできないのは当たり前ですが、ダイビングに慣れてきてなお中性浮力がとれないのは、 意識の仕方に問題があるような気がします。最初からその辺を意識することにより、上達の早さが違うと思います。
    アンカーロープや岩の壁、水中の浮遊物など、動かない、若しくは動きの少ないものを見れば、 自分の浮き沈みの状態を見極めることができます。
    また沈んていくときは水圧で鼓膜が押され、浮いていくときはブシュブシュと空気が抜けていく感じがするので、 耳で感じる圧力もヒントになります。
  • BCへの給排気を恐れずに行うこと
    浮いていくのが怖いから、沈んでいくのが怖いからBCへの給排気をためらっていたのでは、 中性浮力の確保は不可能です。浮きかけたら迷わず排気、沈みかけたら積極的に吸気してみましょう。
    そのためには、日頃からBCの操作に慣れ、スムーズに給排気できるよう、練習しておくことも必要です。
  • BCの操作は、早めに、こまめに行うこと
    BCの給排気のポイントは、早めに、こまめに行うことです。手遅れになってから対応しようとしても、 なかなかうまくいきません。
    浮きかけたなと思ったら少し排気、沈みかけたなと思ったら少し吸気。そしてしばらく様子を見て、 足りなければもう一度排気、吸気をします。
    その際、一度にドバッと給排気せず、ポンポンとすこしづつ行って下さい。豪快にやると思わぬ結果を 生むことになってしまいます。
    また、吸排気の動作からその効果が表れるまでには2~3秒のタイムラグがあるので、 そのことも頭に入れておいてください。
  • 呼吸は大きくゆっくりと
    遊泳中の呼吸は基本に従い、大きくゆっくりとした呼吸を心がけます。一定のサイクルを保ち、アベレージとしての浮力を 一定に保てば、中性浮力は実現できます。
    但し、中層に止まっている場合などは、大きくゆっくりした呼吸をすると体が上下してしまうので、 ピタッと止まっていたい場合は、意識的に呼吸の速度を上げたり、一時的に呼吸を止めるなどのアレンジも、 慣れてくればアリでしょう。
  • BC操作と呼吸の合わせ技
    浮力のコントロールは、BCで大まかに、呼吸で微調整、が基本です。
    各深度ごとにBCへの吸排気で大まかな浮力コントロールを行い、一時的に深度を上下させたり、中層で 止まったりする場合は呼吸の調整で浮力コントロールを行うことにより、楽に動くことができます。
    例えば、ちょっと下の方に移動したい場合など、いちいちBCから排気して深度を下げるより、 大きく息を吐いて深度を下げるほうが簡単です。また目的の深度に達する少し前に息を吸えば、その深度で止まれます。

自分の状態を常に意識しながら経験を重ねて行けば、自然に中性浮力はとれるようになります。







<画像> 戻る

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介