ホームダイビングQ&A > ブリとヒラマサの見分け方は?
ダイビングQ&A
 
<Q>:ブリとヒラマサの見分け方は?
<A>:

とてもよく似ている「ブリ」と「ヒラマサ」。見分けるポイントはいくつかあります。(下図参照)

  1. 上顎上後端が、ブリは角張り、ヒラマサは丸みを帯びていること
  2. 胸鰭(ビレ)と腹鰭(ビレ)の長さが、ブリはほぼ同じ、ヒラマサは胸鰭(ビレ)の方が短いこと
  3. 目からエラ蓋までの距離が、ブリはヒラマサより長いこと
  4. 胸鰭が体側の黄色いラインと、ブリは重なっておらず、ヒラマサは重なっていること

でも、ブリとヒラマサを釣り上げ、2匹を比較すればこれらのことは判りますが、水中で見分けるのは まず無理でしょう。しかも、上顎上後端の違いにしても若魚などは一目瞭然とはいきませんし、また、目から エラ蓋までの距離にしても2匹を比較しないと判りずらいので、まあダイバーが見分けるのは不可能でしょう。

ただし、見た目はそっくりでも、味はヒラマサが断然上で、値段もぜんぜん違うようです。 ヒラマサは一般的なスーパーに出回ることはほとんどなく、大抵がお寿司屋さんや料亭行きらしいです。

なお、ブリは大きくなるにつれ呼び名が変わる出世魚として有名で、関西では「ツバス」(30cm程度まで)→ 「ハマチ」(60cm程度まで)→「メジロ(山陰ではマルゴ)」(80cm程度まで)→「ブリ」(90cm以上)、 東海から関東では「ワカシ」→「イナダ」→「ワラサ」→「ブリ」と呼ばれます。
流れ藻について生活するような稚魚は「モジャコ」と呼ばれます。
また流通や魚屋などでは、大きさに関わらず養殖ものを「ハマチ」と呼ぶことが多いようです。

 
<画像> 戻る

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介