ホームダイビングQ&A > 器材のオーバーホールは?
ダイビングQ&A
<Q>:器材のオーバーホールはどうしたらいいの?
<A>:

定期的にオーバーホールを行い、器材を常に正常な状態に保っておくことは非常に重要です。 水中での器材の思わぬ不調・故障は命取りになりかねません。
去年は何ともなかったので今年も大丈夫と思いこんで、何年も使用し続けるのは危険です。 外から見ただけでは判りませんが、特にゴムの部分は経年劣化しますし、稼働部分は 塩かみしやすいので、定期的にオーバーホールに出すことをお勧めします。
器材を購入したショップへ頼めば、オーバーホールへ出してくれますので、是非行って下さい。

オーバーホールのタイミングは、おおよそ以下の通りです。あまり厳密に考える必要はありませんが、 目安として下さい。

レギュレータセット 100ダイブ、又は1年間のいずれか早いほう。
高圧・中圧ホース 3~4年に1回。但し、当たりハズレがあるようです。
タンクにセットしてエアーを通し、付け根付近を目視して膨らみがなければ大丈夫。
BCインフレータホース 2~3年に1回。
ダイブコンピュータ 1年に1回。但し、取扱説明書で確認して下さい。
シェルタイプのドライスーツのラテックスゴム 2~3年に1回。(目視で傷んでいたら交換)

その他、マスクやフィンのストラップも時々点検し、引っ張ってみてひび割れ等がひどい場合は 交換して下さい。

<画像> 戻る

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介