ホームダイビングQ&A > 器材の洗い方・干し方は?
ダイビングQ&A
<Q>:器材の洗い方・手入れの方法は?
<A>:

器材は、きちっと洗い、正しい方法で保管すれば長く使うことができます。
でも、手入れや保管のしかたが悪いと早く傷んでしまい、水中での思わぬ事故に繋がりかねません。 せっかく手に入れた高価な器材、大事に長く愛用したいものですね。

  1. マスク
    • ダイビング毎には、真水でさっと洗えばOK。
    • 年に1回ぐらいはマスクを分解し、パーツ毎にキレイに洗うことも必要。但し、 ものによっては分解できないものもあるので、説明書を確認して下さい。
    • シリコンゴムの部分は劣化しやすいので、できれば日陰で干すのがベター。また、 色移りを起こすので、黒いゴムと長時間接触させておかないこと。
    • 長期間保管する場合は、顔に当たるスカートの部分が変形しないよう、ケースに 入れて保管することをお勧めします。
  2. シュノーケル
    • ダイビング毎には、真水でさっと洗えばOK。
      ただ、シリコンゴムの内部はカビが生えやすいので、できれば筒の中に水を通して洗うのがグッド。
    • 排気弁に砂などが付着していないか、確認して下さい。
    • マスクと同様、シリコンゴムの部分は劣化しやすいので、できれば日陰で干すのがベター。
      また、色移りを起こすので、黒いゴムと長時間接触させておかないこと。
    • 長期間保管する場合は、マウスピースの部分が変形しないよう、注意して下さい。
  3. フィン
    • ダイビング毎には、真水でさっと洗えばOK。
    • ゴムの部分が劣化しないよう、できれば日陰で干すのがベター。
      また、ブレードが曲がらないよう、フィンを上にして干して下さい。
    • 長期間保管する場合は、ブレードやフットポケットの型くずれに注意して下さい。
    • 特にストラップはヒビが入って切れそうになっていないか、時々点検すること も重要です。予備のストラップを準備しておくことをお勧めします。
  4. グローブ・ブーツ
    • 真水でジャブジャブ洗えばOK。
    • ブーツのファスナー部分は砂が溜りやすいので、丁寧に洗って下さい。
    • いずれも内部が乾きにくいので、ブーツはつま先を上に、グローブは指を上に 向けて干して下さい。
  5. ウェットスーツ
    • 基本的には真水でジャブジャブ洗えばOKですが、ファスナーは 塩かみしやすいので、ファスナーを動かしながら洗うのがベター。
    • スーツの接合部分は熱に弱いので、お湯につけるのは避けた方がいいです。
    • 裏返して干すと色落ちが少なくて済みます。
    • 干すときに使用するハンガーは、重さが分散できるようなるべく幅が広いものを 使って下さい。なければ、ハンガーにタオルなどを巻いて使用して下さい。
  6. レギュレータセット
    • ダイビングから上がったらなるべく早く、真水につけておくこと。 但しダストキャップがしっかり閉まっているか必ず確認し、1時間程度はつけておいて下さい。
    • なお、レギュレータ内部に空気が入ったままにならないよう、 水の中で揺すって空気を追い出しておいて下さい。
    • 水につけている最中にパージボタンを押さないよう、気をつけて下さい。
    • 水から上げたらセカンドステージを軽く振って中の水を切り、ホースに 負担がかからない状態で干して下さい。何回もホースに負担を掛けた状態で干していると、 意外とすぐにホースが傷み破裂してしまいます。
  7. BC
    • 内部をしっかり洗うのがポイント。インフレータホースの先の排気バルブを押しながら、 吸気口に水道水のホースを押しつけてBC内部に水を入れ、BCを揺すって内部を洗います。
    • インフレータホースの付け根が一番下になるようBCを傾け、排気バルブを 押して内部の水を排出します。
    • 吸気バルブの部分も塩かみしやすいので、水の中で何回か動かして下さい。
    • 干す場合は内部に空気を入れて膨らまし、インフレータホースの付け根が 一番下になるような状態で干します。しばらくしてから排気バルブを押して、ホース内に溜まった水を 出して下さい。
  8. ドライスーツ
    • スーツを着たまま、ファスナーとバルブの部分を念入りに洗います。
    • 年に1回ぐらいは、内部も水洗いするのがグッド。
    • 内部に湿気がこもりやすいので、風通しのよい日陰でできれば裏返しに して干します。
    • ウェットスーツと同様幅広のハンガーにかけ、ファスナーは開けたままで 干して下さい。なお、ブーツが浮いた状態だと重さがかかるので、できれば地につけた状態で 干すのが理想的。
    • 長期間保管する場合は、吊した状態よりもベタッと置いた状態のほうがグッド。なお、ファスナーには ロウを塗って、開けたままにしておきます。

<画像> 戻る

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介