ホームダイビングQ&A > エアー消費量の計算方法は?
ダイビングQ&A
 
<Q>:エアー(空気)消費量の計算方法を教えて下さい。
<A>:

平均水深の表示されるダイブコンピュータやダイバーズウォッチをお持ちの方は 次の計算式で、大気圧換算での1分当たりのエアー消費量を計算することができます。
継続して測るようにしログブックにつけていくと、本数を重ねるごとにエアー消費量が 減っていくのが、手に取るように判ります。

      1分当たりのエアー消費量=エアー消費量×タンク容量(リットル)
                      ÷平均水深の絶対気圧÷潜水時間(分)

       ・エアー消費量       =ダイビング開始時と終了時の残圧の差
       ・平均水深の絶対気圧 =(平均水深÷10)+1
                       水深10m毎に1気圧増加+大気の1気圧

      例えば、ダイビング開始前の残圧=200
                  終了後の残圧=100
                  タンク容量   =11リットル
                  平均水深   =15m
                  潜水時間   =40分    とすると
      1分当たりのエアー消費量    =(200-100)×11÷(1.5+1)÷40
                          =11
      この場合、大気圧換算で1分当たり11リットルのエアーを使ったことに
      なります。

      11リットルのタンクで毎分11リットルも使ったら、1分でなくなってしまう
      じゃないか、というご意見を以前いただきましたが、ご心配なく。
      タンク内の気圧が200気圧ということは、11×200=2,200リットル
      (大気圧換算)のエアーがタンクの中に入ってます。

エアー消費量は個人差がありますが、アマチュアダイバーの場合は、一般的に男性で1分当たり12~14リットル、 女性で9~11リットルぐらいと言われています。

因みに、以下のグラフは、私の各ダイビン毎のエアー消費量の推移です。
(縦軸:1分間当たりのエアー消費量  横軸:潜った年)
グラフから、次のことが判ります。

  • 全体に右肩下がりになっている(年とともに消費量が減っている)
  • 年とともに上下の幅が小さくなっている(消費量のブレが少なくなっている)
  • 消費量が減り続けたのは97年ぐらいまで(だいたい250本前後でしょうか)
93年に飛び抜けて多い1本があります。これは初めてドライで潜り、ブーツが脱げそうになるのを必死にこらえながら潜っていたときです(忘れもしません)
2007年にも飛び出ているケースがありますが、これは激流の中を潜った時の2本です。
2000年前後が消費量が一番少ないですが、この頃はプライベートでのんびりマイペースで潜っていることが多かったです

 
<画像> 戻る

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介