ホームダイバーの独り言 > あるベテランダイバーの話

 < あるベテランダイバーの話 >

Monologue・トップへ戻る
ダイビングのスキルってなに? 2008.02.15
以前ダイビングツアーで同じボートに乗り合わせた、印象的なベテランダイバーの話。
いかにもベテランらしく慣れた様子で準備も済ませ、船べりからさっそうとバックロールでエントリー。
ところが、皆で砂地のほうへ移動したときに、あぜんとする光景が・・・。
砂地の水底近くをバタ足で進むそのダイバーの後ろには砂煙がもうもう、水中ブルドーザー状態。
初心者ならまだしも、ダイビング歴がそうとう長そうなベテランなのに、砂地では砂を巻き上げないようにアオリ足で進む、 といったことを知らなかったようです。
ダイビング雑誌などでは、スキルアップのコーナーなどで書かれていることですが、恐らくこの人は そういった雑誌も読んだことがないのでしょう。
このダイバーに限らず、ダイビングというレジャーが今ほど一般的でなく、またダイビングの目的も今とは違っていた 頃に始めたようなダイバーのなかには、そのころのスタイルを今の時代にそのまま引きづり、周りの失笑を買うケース もあるようです。
他人の振り見て・・・・
こういったことは、他人からはなかなか注意しづらく、ましてや相手がベテランならなおさらです。
ですから、本人が自覚しない限りずっとそのまま気づかず、自分のスタイルを引きずってしまうことになります。 自分で自覚したり、知識を仕入れるしかありません。
ダイビングのスキルとは、単に中性浮力がとれたり、自己管理ができたり、といったことだけでなく、 周りの人や物に対し配慮ができるといったことも含めて考える必要がありそうですね。
素人なりにデジカメを楽しむ私としては、被写体を独り占めしない、グループからあまり離れないなど、自分なりに 気をつけているつもりなんですが、知らず知らずのうちに私も周りに迷惑をかけているかもしれません。 これからも、気を付けていきたいものです。
「他人の振り見て、我が振り直せ」ですね。ハイ。
Monologue・トップへ戻る

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介