ホームダイバーの独り言 > ダイビングと器材

    < ダイビングと器材 >

Monologue・トップへ戻る
ダイビング器材は流行と無縁? 2008.01.26
私が、ダイビングっていいなと思う点のひとつ。……それは、器材に依存するスポーツなのに、器材自体は 流行と縁が薄いこと。
冬のスポーツの代表格スキーなどは、板やウェアの流行がころころ変わり、中には毎年買い換える人もいると 聞きます。でも、ダイビングの場合はむしろ逆で、古い器材を使っている人ほどベテランとして尊敬のまなざしを 受けたりします。
まあ重器材ともなると結構な値段になりますが、一度買えば「一生もの」はちょっと大げさにしても、10年は使えます。
因みに私の場合、「自慢にはならん」と言われそうですが、BCは17年使いました。 さすがにかなりくたびれてきましたが、エアー漏れを1ヶ所ボンドで補修(といっても、単に空気が漏れている 穴の上にボンドを塗り固めただけですが)した程度で、その気になればまだまだ使えそうです。
「オイ、オイ、まだ使う気かい」、「もう十分元はとったでしょ?」と言った声がちらほら聞こえる ようになり(笑)、ついに昨年買い換えましたが・・・。
古い器材もオツなもの?
あちこち破れたウェットスーツで潜っている現地サービスのガイドさんや、ベテランダイバーの方もよく 見ます。
以前パラオに行ったときの忘れられない話。
「パラオスポート」を利用された方はご存知だと思いますが、あそこのスタッフは水中でも目立つように、 全員派手なオレンジ一色のウェットを着ています。
そこのチーフガイドでイケメンのとてもカッコイイ人がいたんですが、その人のウェットのおしりの部分だけ ジャージが破れてなくなっていました。
後ろを泳いでいるときも、派手なウェットのなかのゴムがむき出しになった黒いおしりの部分に嫌でも眼が行き、 思わず笑っちゃいました。
でも、水中での確かなガイディングスキルと、船上でのゲストへの思いやりのある態度が、カッコよかったです。
ボロボロの器材もスキルの高さで十分カバーできる(と思っているのは私だけでしょうか?)、実に 大らかなこの世界。
いいですね~~。私は大好きです(単にケチなだけ、という噂も・・・)
Monologue・トップへ戻る

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介