ホーム > ダイビング・ログ2002
ダイビング ログ
2002年のダイビングの足跡をご紹介します。
JavaScriptが有効な場合は、画像をクリックすると大きな画面で見られます。
日付 場所 ポイント名 コ メ ン ト
10.12 福井県
越前
「軍艦岩」 越前の今の話題は何と言っても「エチゼンクラゲ」です。今年は特に 当たり年で、どこに潜っも必ずデカいエチゼンクラゲがあちこちで見られます。 水深4~5mの浅い水中を、大きな笠をゆっくり動かしながらゆったりと泳いでいます。 大きなものは笠の直径が1mほどあり、間近で見るとすごい迫力です。但し、長い触手には 気をつけて下さい。刺されると結構痛いらしいです。あまりの大きさと数の多さに最初は少し 気持ち悪いかも知れませんが、慣れると結構愛嬌があります。毎年見られる訳ではありませんので、 話のネタに、是非見に行って下さい。きっと、思い出に残ると思いますヨ。
9.28 若狭湾
冠島
「小島北端」 2本潜って冠島を離れかけた時、急に船が速度を落としたと思った直後、スタッフの「イルカ!!」の声。 見ると船の廻り150m四方の海のあちこちでイルカが跳ねる姿が見られました。 ゆっくり船を進めると舳先のすぐ下で2~3頭が固まって泳ぎ、やがてすぐ目の前の水面に跳ねる姿が 入れ替わり立ち替わり見られました。そんなシーンが延々20分ほども続き、客もスタッフも一緒に なって大はしゃぎ。まるで夢のようでした。でも、1本目のカンパチ、ハマチの群とエチゼンクラゲに フィルムを使ってしまい、写真に収めることができず。前々回の教訓はまたもや生かされませんでした。 でも、あのイルカの姿は、はっきりと瞼に焼き付けておきました。今日は、間違いなく一生の思い出に 残る1日となることでしょう。お世話になった京都のショップ「マリンポケット」に感謝、感謝です。 写真は、1本目のカンパチの群です。
9.22  福井県
越前
「軍艦岩」 最近軍艦岩は、透明度のいい日が続いているようで、今日も1本目は20m近く ありました。水温も26°~27°と高く、快適に潜ることができます。ソラスズメダイや ナガサキスズメダイ(幼魚)も随分大きくなり、あちこちで群れています。今日は、前回撮り損ね た「エチゼンクラゲ」狙いで行ったのですが、残念ながら見られませんでした。岩の手前側の 水路状のところでイシダイの若魚が群れている姿を写真に収めました。ありふれた魚ですが、群になってい ると結構きれいです。
9. 6 福井県
越前
「軍艦岩」 今日の軍艦岩は、小雨が降り続くあいにくの天気でしたが、水深25mの砂地から 水面が確認できる程の素晴らしい透明度で、水温も27°に戻り、とても快適なダイビングでした。 ソラスズメは幾分数が少なかったかわりに、あちこちで幼魚や成魚のキハッソクが見られました。 エキジット直前に浅場で笠の直径50cm程の大きなエチゼンクラゲを発見しましたが、悲しいかな、 右の写真のカイメンに佇むカサゴの撮影にフィルムを使い切ってしまった後でした。フィルムは必ず 何枚か残してエキジットという水中写真の鉄則を思い知らされました。
9. 3 福井県
越前
「軍艦岩」 台風15号のうねりで海水がかき回された影響か、水底の水温が24°まで下がっていました。 でも、水深15m付近まではとても暖かで、特に1本目のダイビングでは、透明度が15m以上あり、 なかなかきれいな水中景観でした。ソラスズメダイも大きくなり、数もグッと増えて、 あちこちで乱舞しています。それと水深25mの砂地のあちこちに笠の直径が25cm程と 小さめのエチゼンクラゲが見られました。
8.17 福井県
越前
「軍艦岩」 8月に入り日本海側の水温もグンと上昇し、この日の軍艦岩では水底でも28°もあり、とても快適な ダイビングでした。水深10m付近の浅場では30°ぐらいありそうな感じで、とても暖かです。 そろそろ南方系のソラスズメダイが見られるようになってきました。 身体も群の大きさもまだ小さいですが、これからグングン成長していきます。写真は岩の北側の 浅場で見つけたゴンズイの群です。岩の間を大きな丸い集団になって移動する様は、見ていて飽きません。
8. 9 和歌山県
串本
「グラスワールド」 台風の影響で行く機会に恵まれなかったため、1ヶ月半ぶりの串本ダイビングとなりました。 今年は早くから水温が高く、8月の初めでもう30°もありました。でも所々に冷水塊があるようで、 水温が21°ぐらいしかない所もあるようです。写真はグラスワールドで撮った カミソリオウのペアです。緑色の海藻にうまく身を隠しているので判りづらいですが、 海藻の手前で仲良くペアで漂っています。生きるためとは言え、海の生き物の身を隠す術の巧妙さには 感心してしまいます。
7.27 福井県
越前
「軍艦岩」 太平洋側が台風の影響で潜れず、急遽予定を変更して今年2回目の越前でのダイビングとなりました。 水温は-25mの砂地で24°とちょっとひんやりする感じですが、浅場では26°ほどあり、とても 暖かくてのんびり潜ることができました。メバルの幼魚があちこちで見られ、海の中も賑やかさを 増してきています。写真は岩の手前の水路状になっている所で撮ったメバルの幼魚の群です。カメラの ストロボが小さいのでメバルの色がきれいに出ていなくて残念ですが、本格的なカメラを持っている方なら、 きれいな写真が撮れると思います。コブダイの幼魚が一匹入っているのがアクセント(ご愛嬌という ウワサもありますが)になりました。
7.12 福井県
越前
「軍艦岩」 水温が水底でも22°あり、いよいよ日本海もダイビングシーズンに突入しました。7月ということで 魚はまだちょっと少ないですが、あちこちでスズメダイが卵を守るほほえましい姿が見られました。 2本目のエントリー直後の水面移動中に、500匹ほどのボラの大群が見られ 感動ものでした。あまりに突然だったのであわててカメラの準備をして、なんとか1枚 写真に収めました。
6.22 和歌山県
串本
「備前」 いつもは透明度がイマイチの備前ですが、今日は透明度20m以上あり、白い砂地と相まってとても きれいな水中景観を楽しむことができました。最近近場ポイントにはツバスが回遊していて、この日も エントリー直後から何度もツバスの群が見られました。砂地にはヤシャハゼや、 ホタテツノハゼ、ジョーフィッシュなどのマクロ派にとってはうれしい魚があちこちでみられました。 写真は、ネジリンボウのペアが仲良く巣穴から顔を出しているところです。
6.16 若狭湾 「浅礁(アサグリ)」 今年も初ダイブはちょっと遅くなりましたが、若狭・浅礁です。水温も21°と結構あり、透明度も 20m以上と、この時期にしては最高のコンディションでした。2本とも、ハマチ、 メジロの群れが見られ、幸先のいいダイビングになりました。残念ながら2本目は少し透明度が落ち、 あまりはっきり写っていませんが、メジロの群れの写真です。
ページ・トップへ戻る↑

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介