ホーム > ダイビング・ログ2001
ダイビング ログ
2001年のダイビングの足跡をご紹介します。
JavaScriptが有効な場合は、画像をクリックすると大きな画面で見られます。
日付 場所 ポイント名 コ メ ン ト
10.27 和歌山県
串本
「住崎」 今日の住崎は珍しく透明度20m以上とスコーンと抜けて、とてもきれいな水中景観が広がっていました。 メインの「カゴカキの根」から少し東に行った岩の陰にハダカハオコゼがチョコンと岩の上に佇んでいました。 地味な体色ですが、よく見るととてもかわいい目をしています。また、すぐ近くの古いアンカーのロープの 上には白と茶色のクマドリイザリウオも見られました。5cm程の小さな体でとても愛らしい姿をしています。
10.26 和歌山県
串本
「備前」 写真はビゼンで見た、オオモンイザリウオの珍しい移動中の写真です。ヤシャハゼを見ている最中に どこから現れたのか突然目の前をフラフラと横切っていったのでびっくりしました。水底から20~ 30cm浮かんで、体をくねらせながらヨタヨタといった感じでしばらく泳ぎ、少し休んではまた 泳ぎ出す姿はとてもユーモラスで、一生懸命のイザリウオ君には悪いですが思わず笑ってしまいます。
9.24 福井県
越前
「軍艦岩」 3連休の最後の日に越前の波もやっとおさまったので軍艦岩に潜ってきました。透明度はあまり良く ありませんでしたが、スズメダイの幼魚と成魚の大群のなかにアタックするツバスの姿が何度か見られました。 また、根の南側にある割れ目のなかに2匹のキハッソクも見ることができました。でも、残念ながら きれいな写真を撮ることができなかったので替わりといってはなんですが、ー25mの砂地にいた ミノカサゴの写真を掲載します。
9. 8 和歌山県
串本
「備前」 2つの台風15号、16号が近づくなか、どうなることかと心配しましたが、何とか潜ることが出来ました。 写真は備前の「ホタテツノハゼ」です。マクロレンズではないのであまり寄ることができず鮮明では ありませんが、背びれの模様がとてもキレイで、背びれを広げたときがシャッターチャンスです。 今回は写真に収めることができませんでしたが、同じく備前でヤシャハゼ」も見ることができました。 最近は(ヒレナガ)ネジリンボウも多く見られます。
8. 5 パラオ 「ブルーコーナー」 3回目のパラオでやっと天候にも恵まれ、ダイバーの憧れのポイント「ブルーコーナー」に潜ることが出来ました。 写真はバラクーダ(和名:オニカマス)の群です。体長1.2mほどのバラクーダの500~600匹の群でした。 最初トルネード状態で廻っていた群がだんだんバラけ、一団になって目の前を通り過ぎる様は圧巻でした。 テレビなどで時々見る光景がそのまま目の前で繰り広げられ、息を呑むほどの迫力で、ただ茫然と群の通り過ぎる のを見守るしかありませんでした。
8. 5 パラオ 「ブルーホール」 ホールの中から見上げた天井に空いた穴から差し込む光が作り出す神秘的な光景です。エントリーし 外洋側の横穴まで来ると大きな入り口全体が白いモヤに包まれ、異様な雰囲気でした。そのモヤの中を ホールに入って行き、見上げたときの神々しい景色にただ感嘆のタメ息をつくばかりです。光のシャワーの なかに消えて行くダイバーの吐いたアワがとても印象的でした。
7.21 福井県
越前
「軍艦岩」 海は穏やかでコンディションは良かったのですが、根の周りの透明度がイマイチでした。 7日に見たものと同じ個体かどうか解りませんが、結構大きなハナミノカサゴがトンネルの 向こう側の砂地で見られました。いつものマツカサウオもだいぶ大きくなってきました。 それにしても今日の軍艦岩はダイバーの多かったこと。あれほどダイバーで賑わった軍艦岩は 久しぶりです。
7.13 和歌山県
串本
「グラスワールド」 ここ一週間ほど串本では水温の低い日が続いていて、表層は暖かいのですが、水深7~8mから 冷たくなり、水底では20°とまるで5月並の水温しかないポイントもあります。写真は、 グラスワールドのシコロサンゴの仲間です。普段はあまり行かない、アンカーから120°の 方向にある根の西側に群生しています。サンゴの上には大きなソラスズメダイが舞い、まるで 沖縄のような風情があります。
7. 7 福井県
越前
「軍艦岩」 今日の軍艦岩は最高でした。いつものマツカサウオの他に、ハナミノカサゴ2匹、ワニゴチ、 おまけに5cm程のマトウダイの幼魚まで見られました。いずれも、根の右手奥のトンネルを 少し沖に行った砂地付近です。しばらくは見られそうなので、軍艦岩へ行かれる方は、是非 探してみて下さい。スズメダイがあちこちで卵を守る姿も見られます。
6.23 和歌山県
串本
「住崎」 今年の串本初ダイブは「住崎」でハナイカが見られたのが収穫です。大きさは10cm程ですが、 その鮮やかな体色が大いに人目を引きます。また、カゴカキの根の近くでは黄緑色のニシキフウライウオも 見られました。「島廻り」では、シーズン的には終わりに近いのですが、アオリイカの産卵シーンも 見られました。6月始めから先週頃までは40~50匹の群がみられたそうですが、今回は10匹ほどと ちょっと少なめ。でも感動的です。
6.16 福井県
越前
「軍艦岩」 今年のちょっと遅めの初ダイブは越前・軍艦岩です。水温はまだちょっと低め(19°~20°)ですが、 透明度は15m以上と、結構良かったです。今年も、トンネルの中でマツカサウオが元気な姿を見せて くれて、うれしい限りです。なお、「プール前」では、マトウダイの幼魚とホウボウが見られたそうです。
ページ・トップへ戻る↑

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介