ホーム器材ガイド > マスク
ダイビング器材(機材)ガイド

ダイビングマスクの解説・選び方

<マスクの種類>
一眼レンズタイプ
  • 一枚のレンズで構成されているマスク。
  • 二眼レンズのような左右の目の間の仕切りがないので、視界が広く見やすい。
  • スカート部を透明のシリコンと組み合わせると、明るく広い視界が確保でき、見さすさと言う点では最高。
  • 外からは顔の表情もはっきり見えるので、女性がキレイに見える効果も・・・。
  • 反面、内容積が大きいのでその分マスククリアには多少多めのエアーが必要。
  • 度付きレンズは使用できない。
二眼レンズタイプ
  • 左右に二枚のレンズで構成されたマスク。
  • 一般的にコンパクトで内容積が小さいので、マスククリアが楽にできる。
  • 視界は広くないが、顔が引き締まった印象を与える。
  • レンズをバラすことができるものが多く、レンズとスカート部の間の掃除も可能。
  • 度付きレンズを使用できる。
多眼レンズタイプ
  • 二眼レンズのマスクのサイド部分にレンズを追加したタイプ。
  • コンパクトでありながら、サイドの視界も確保したマスク。
  • 二眼レンズタイプと同様の特徴を持つ。

<マスク選びのポイント>

  • 自分の顔にフィットすること
    言うまでもなく、これがマスク選びの一番重要なポイントです。顔にフィットせず マスク内に水が入ってくるようでは、せっかくのダイビングが台無しです。ストラップを 使わずにマスクを顔に当て、軽く息を吸ってマスクが落ちなければ、フィットしている証拠です。
    この「軽く」という所が大事で、強く吸って無理やり吸い付けるのはいけません。
    さらに最近は、スカート部分の形状や材質を工夫して、水の進入をほぼ完璧に防いだり、 顔にマスクの痕が残りにくいようにしたものもあります。
  • 視界の広さ
    海の中で視界が広いことは重要な要素です。視界が狭いと大事な魚を見逃してしまったり、仲間と はぐれてしまったり・・・・てなことにもなりかねません。
    マスクを装着してみて、周りの視界がどの程度遮られるのか、周りが見にくくないか確認してください。 視界の広さは、マスクのタイプやスカート部の色などによって大きく違います。
  • デザイン・色
    あとは気に入ったデザイン・色のものを選べばいいでしょう。
    マスクの内容積が小さいとマスククリアが楽だとか、顔へのフィット感の良し悪しだとか言いますが、 あまり違いはないように思います。自分に似合う、気に入ったマスクを選ぶのがいいでしょう。 丸いデザインのマスクは女性的な柔らかい雰囲気になりますし、角ばったマククはシャープな 印象を与えます。
  • カメラ派のために
    フィルムカメラや一眼レフデジカメなど、ファインダーを覗いて撮影する場合は、スカート部がブラック シリコンのものがいいです。周りから余分な光が入ってこないので、ファインダー内の画像が見やすく なります。
  • 近視、乱視の方のために
    二眼レンズタイプや多眼レンズタイプは、近視や乱視用のレンズと交換することができます。
    近視用は、度の合うレンズがあればショップですぐに交換してもらえますが、乱視用は処方せんが必要で時間もかかります。

<アマゾンで購入できます>
SASのカタログページ
TUSAのカタログページ
 
GULLのカタログページ
スキューバプロのカタログページ
アポロのカタログページ
Bismのカタログページ

<画像> 戻る
ページトップへ戻る ↑

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介