ホーム器材ガイド > フィン
ダイビング器材(機材)ガイド

フィンの解説・選び方

<フィンの種類>
  • ストラップタイプ
    踵の部分がストラップになっていて、しまり具合を調節できるタイプ。マリンブーツの 使用が前提になります。
    脱着が楽なのと、ストラップで調節可能なので、ブーツが変わってもOKです。但し、 長年使っているとストラップが劣化して切れたりしますので、シーズン前には目視で点検が必要です。
  • フルフットタイプ
    踵を含んだ足全体をすっぽり覆うタイプのフィンで、素足または薄手の専用ブーツで履くことが多いです。 従って、岩場などでのビーチエントリーには向きません。
    サイズ調節はできないので、サイズの選択は必ず試し履きして慎重に。陸上で、ぴったりか 心もち小さめ(足が痛くならない程度に)が、水中ではちょうどいい大きさです。
    サイズがピッタリ合えばフィット感が非常に高く、思いのままにフィンを操ることができます。 また多少ゆるい場合でも、フィンサポートである程度調整できます。
    なお、2~4年で踵の部分が裂けてくることが多いので、消耗品と考えフットポケット廻りに ヒビが入りだしたら買い換えるのが安全でしょう。
<フィンの材質>
  • プラスチック
    軽く、持ち運びに便利でカラフルですが、一般には反発力が強く、どちらかといえば脚力に自信の ある人向き。
    水深による硬度の変化が少ないので、どの水深でも推進力が一定に保てます。
  • ゴム(ラバー)
    柔軟性のある材質なので、キックしたときのしなりも自然で、脚力に自信のない人でも 楽にフィンキックできるものが多い。
    重量があるので、自然と足が下になり、足が浮き気味になるダイバーにはバランスがとりやすい。
  • ウレタン
    ゴムの柔軟性とプラスチックのデザイン性を併せ持った素材で、幅広い層に対応できる。
  • 混合タイプ
    ゴムとプラスチックを場所により使い分けたタイプで、ゴムのしなやかさとプラスチックの反発力を 生かそうとメーカー各社がそれぞれに特徴のあるフィンを販売しています。
<フィン選びのポイント>
  • 脚力に合ったフィン
    フィン選びのポイントでなんと言っても一番重要なのが、これです。
    脚力のない人が反発力が強く推進力の大きいフィンを選ぶと、キックしたときの水の抵抗に脚力が負け、 まともにフィンをキックすることができません。足がつってしまったり、左右に開いてしまったりして、 かえって推進力が得られない結果となります。
    逆に脚力の強い人が初心者向けの低反発のフィンを使うと、せっかくの脚力を生かしきれずもったいない 結果になります。

    でも、実は脚力に合ったフィン選びは、言うほど簡単ではありません。
    まず第一に、自分の脚力を他人と比較する機会がないので、脚力がどの程度か分からない人が大半では ないでしょうか。第二に、フィンの使用感は、水中で実際に使ってみないと分かりづらいことがあります。 同じ材質でもわらかいものや、硬いものがあり、ゴムフィンだからといって一概に脚力の弱い人向きとは 言えませんし、形状によっても、使用感は大いに異なります。
    目安として、フィンの先を手で持って曲げてみれば、フィンの硬さはある程度分かります。 また、ブレード(水を捉える面)の面積が大きいほど多くの水を掴むため、推進力はアップしますが 抵抗感は大きくなります。

    ですから、最初に購入するときは、脚力に自信のある人以外は、見栄を張らずに、柔らかめでブレード の面積が大きくない(=水の抵抗の少ない)ものを選ぶことをお勧めします。なぜなら、脚力が勝って いる場合は頼りない(脚力が生かしきれていない)だけで使い続けることができますが、負けている 場合は使い続けることができない(すぐに買い換えが必要になる)からです。
    それで頼りないようなら、もう少し反発力の強いものに替えればいいでしょう。
    なお、個々のフィンの特性に関しては、ショップのスタッフの意見が大いに参考になります。

    何回か買い換えてやっと自分にフィットするフィンが見つかった、ということはよくあります。 ツアーなどで、良さそうなフィンを見つけたら、休憩中にちょっと借りてシュノーケリングなどで 試してみてもいいでしょう。水中で大きくゆっくりしたキックでも推進力が得られ、ダッシュなどでも 無理なくキックできるフィンがお勧めです。
    なお、水面移動は、ある程度重みがあり、よくしなるゴムフィンのほうが使いやすいです。
  • ストラップタイプか、フルフットタイプか
    フィット感が高いのはフルフットタイプですが、調節によりドライスーツのブーツにも対応可能なのは ストラップタイプです。
    水面移動はフィット感に優れるフルフットタイプが圧倒的に楽です。ビーチエントリーなどで水面移動 が多いパターンの方は、ゴムのフルフットタイプがいいでしょう。但し、岩場など足場の悪い場所では エントリー直前までビーチサンダルを履くか、ブーツが必要となります。
    反対にボートダイビングが主で水面移動の少ないパターンでは、ストラップタイプもいいでしょう。また、 素足にフルフットタイプを履くこともできます。
  • デザイン
    ことフィンに関しては、デザインは二の次です。カラフルでスタイリッシュなフィンを見たりすると 思わず手が伸びてしまいますが、ショップのスタッフの意見も充分聞いて、機能重視で選んでください。

<話題のフルフットフィンGULLの「スーパーミュー」使用レポートはこちら>

<アマゾンで購入できます>
TUSAのカタログページ
   
SASのカタログページ
   
GULLのカタログページ
 
 
スキューバプロのカタログページ
アポロのカタログページ
Bismのカタログページ
       

<画像> 戻る
ページトップへ戻る ↑

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介