ホーム水中デジカメ・ガイド > 水中撮影の基本

水中撮影の基本

私も素人なのであまり大きなことは言えませんが・・・
少なくともボケていない、人様に見せられそうな写真を撮るための基本となるポイントを、まとめてみました。
  1. 水中モードにセットする
    水中では全体に青っぽく写る、いわゆる「青カブリ」が発生しやすいです。
    そこで、これを解消するのが「水中モード」。
    デジカメには、被写体や撮影環境に合わせてカメラを最適な設定にするシーンモードが搭載されていますが、 そのなかに水中撮影用に「水中モード」を搭載している機種も多くあります。
    貴方のデジカメのシーンモードをチェックし、「水中モード」があれば、必ずセットしてください。
  2. シャッターの半押しをマスターする
    デジカメのオートフォーカス(AF)は、シャッターを半押し→AF機能が働き、ピントが合う→シャッターを押し切り、 撮影完了、という手順で機能します。
    シャッターをいきなり全押ししてしまうと、ピントが合う前にシャッターが降りてしまい、撮っても撮っても ピンぼけ写真の山、ということにもなりかねません。
    被写体を液晶モニターの中心に収めたら、シャッターを慎重に半押しし、ピントが合ったサイン(合焦サイン)が出たら、 そっとシャッターを押し切ります。
    この際、あまり力強くシャッターを押すと、カメラぶれが起こるので、あくまでも「そっと」押します。
    また、合焦サインはカメラによって多少異なりますので、取扱説明書で確認してください。
    なお、カメラ単体で使う場合は、この半押しの感覚は割りと判りやすく容易にできますが、水中での半押しは感覚が 掴みにくいので、カメラをハウジングに入れた状態で陸上で繰り返し練習することをお勧めします。
  3. 被写体に寄る
    水中は暗い、浮遊物が多い、コンパクトデジカメのストロボは弱い、などの理由で、何か写っているけど暗くて よく判らない、といったことになりがちです。
    そんな訳で、特に水中写真では被写体に寄ることが肝心です。
    レンズを望遠側に動かせば、被写体を楽に大きく捉えることができます。
    でも、出来上がった写真は、イマイチ。
    自分の身体を動かし、とにかく被写体との距離を詰めることが大事です。寄ることにより、迫力のある写真にもなります。
    ただし、魚を引っ込めたり、逃がしたりしたらヒンシュクを買いそうな場面では、とりあえず遠くから写しておき、 他の人が撮り終えてからググッと寄ってみましょう。
  4. ピンボケ? 実は、カメラブレ!
    「ピントが合っていない」と思っていたのが、実はカメラブレ・・・、ということも多くあります。
    水中での撮影では、ただでさえ「うねり」や「流れ」、「浮力」などで、体が安定しません。
    その上、ウミウシなどの小物を狙う場合は、ちょっとしたカメラのブレが大きく影響してしまいます。
    そこで、カメラを支える腕や肘を岩などにくっつける、カメラ本体を岩などにくっつける、などして カメラを固定すれば、ブレのない綺麗な写真が撮れます。
    ただし、くっつける場所の安全性、生物の有無などの確認を、お忘れなく。
    もし固定できない場合は、エアーを抜いてマイナス浮力にしてしっかり着底し、脇を締めて両手で カメラをホールドし、ブレないように注意しましょう。
  5. レンズの撮影範囲を知る
    レンズごとに、被写体からの撮影可能な距離が決まっています。
    また、同じレンズでも、ズーム倍率を変えることにより、撮影可能な距離が変わります。 特に最短撮影距離は重要で、望遠側にズーミングするほど、最短撮影距離は長くなります。
    この最短撮影距離以内に近づいてしまうと、ピントの合った写真は撮れません。
    自分のカメラで、ズーミングしながら、どの倍率ならどのぐらいまで寄れるのか、覚えておくことも必要です。
  6. フォーカスロックを使う
    2.のようにシャッターを半押しし、合焦サインが出た状態をキープしている間は、カメラをどこに向けても 最初の位置でピントが固定されます。
    これをフォーカスロックといいます。
    このテクニックを使えば、液晶モニターの中心から外れた場所にピントが合った写真を撮ることができます。
    例えば最初に、ピントを合わせたい魚の目をモニターの中心にもってきてシャッター半押しでピントを合わせ、 そのままカメラの向きをずらしてシャッターを押せば、目にピントが合った魚の全体の姿をバランスよくフレームに 納めることができます。
  7. 置きピンのテクニック
    ちょこまか動くクマノミなどは、ピントが合わせにくいもの。
    また、被写体が小さく、かつ水底から離れている場合なども、ピントは合わせづらいです。
    そんなときは、フォーカスロックを応用した、いわゆる「置きピン」のテクニックを使って、ピントの合った写真が 撮れます。
    つまり、被写体がよく通る位置や、被写体と同じ距離にある別の動かないものにピントを合わせてシャッター半押ししておき、 被写体がピントの合った場所に来たときにシャッターを押す、というテクニックです。
    被写体との距離感を掴むのがちょっと難しいかも知れませんが、陸上などでも練習してみてください。
  8. 記録画素数とクオリティについて
    デジカメでは、メモリーカードへ保存するときの記録画素数とクオリティ(低圧縮か高圧縮か)を、事前に設定することが できます。
    その際、できる限り最大又はそれに近い画素数、高クオリティ(低圧縮)に設定することをお勧めします。
    なぜなら、最初に高画素数、高クオリティで保存しておけば、後で画素数を落としたり圧縮率を高めたりしてファイル容量を 小さくすることは可能ですが、逆はできないからです。
    プリントする場合などは、できるだけ高画素数の方が質の高い印刷ができます。
    もしメモリーカードの容量が小さく保存可能枚数が少なくなってしまうのであれば、思い切って大容量のメモリーカードへ 買い替えてはいかがでしょうか。最近は大容量のものでもかなり安くなっています。
  9. 動画撮影時の注意点
    映像が目まぐるしく動き回ったりブレたりしている動画を再生したら、酔いそうになった、という経験はままあること。
    できる限りカメラは動かさず、動かすときはゆっくりと。これが、動画撮影の基本です。
    また、動画撮影中のズーミングは使いすぎないこと。ズームイン、ズームアウトそれぞれ1回づつ程度に抑えるのが無難です。
    撮影中に思わず発した声も意外とよく入るので、気をつけましょう。