ホームおすすめ書籍・DVD > シャドウ・ダイバー 深海に眠るUボートの謎を解き明かした男たち
おすすめ書籍・DVD
シャドウ・ダイバー 深海に眠るUボートの謎を解き明かした男たち

シャドウ・ダイバー 深海に眠るUボートの謎を解き明かした男たち
「早川書房」(2005/06) ロバート・カーソン(著) 上野 元美(訳)
19.5×14cm 527P
¥2,310(税込)

シャドウ・ダイバー 深海に眠るUボートの謎を解き明かした男たち

水深70mの海底で発見したナチスドイツの「Uボート」の正体を探るべく、死と隣り合わせのレック・ダイビングに命をかけた男たちの壮絶な物語。

沈没船に潜り、船内の遺物を引き上げるレック(沈没船)・ダイビング。深い水深と、狭く入り組んだ暗い船内。船内での活動に より透明度0mにまで落ちる極端に悪い視界。窒素酔いと減圧症(潜水病)の恐怖との闘い。そこは、一般のレジャー・ダイビングとは 全く無縁の、まさに死と隣り合わせのデンジャラス・ゾーン。

1991年アメリカ・ニュージャージー沖の水深70mの海底で偶然発見されたナチスドイツの潜水艦「Uボート」。 公の資料には一切記録のない場所で発見された、その謎の「Uボート」の正体を明かそうと、屈強のレック・ダイバー2人が 執念ともいえるほどの情熱を傾けた、実話にもとづいた物語。

本書の冒頭と巻末に、この「Uボート」探索に関わったレック・ダイバーたちの勇姿や、船内から引き上げられた遺物、 破壊された「Uボート」内部や、乗組員の生前の写真などが掲載されています。
最初は何気なく見るだけだったそれらの写真。でも、主人公の2人がレック・ダイバーになるまでの生き様や、「Uボート」 探索中に減圧症で命を落した親子、若くして二度と戻らぬ覚悟で「Uボート」の乗組員になった人たちなどの壮絶な人生の 物語を読み進めながら、掲載された写真を見返すと、それらの写真が圧倒的な現実味をもって迫ってきます。

深い海底に沈んだ「Uボート」の狭い船内での、スリリングな活動の様子。読む人の知的好奇心をくすぐるような、 多方面に亘って展開される、地道ながら精力的な聞き取り調査。謎の「Uボート」の正体をなかなか突き止めることのできない 苛立ちと、僅かな手がかりによってもたらされる希望の光。上質のフィクションのような物語ですが、すべて実話です。

第二次世界大戦当時無敵を誇った「Uボート」乗組員の物語と、その謎の「Uボート」探索という、死と隣り合わせのレックダイビングの 世界。過去と現在の、命をかけた海の男たちの世界が絶妙に交錯し、すさまじい物語のなかに引き込まれます。

なお、本書の文庫本が2008年7月に「シャドウ・ダイバー 上」「シャドウ・ダイバー 下」 として発刊されています。単行本と同じ写真も掲載されていますので、手軽に楽しみたい方にお勧め。
また、本書に登場し、悲劇的な最後を遂げるラウズ親子の物語「沈黙の海へ還る ザ・ラスト・ダイブ (光文社文庫)」 も併せてどうぞ。

シャドウ・ダイバー 深海に眠るUボートの謎を解き明かした男たち

ページ・トップ ↑ へ

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介